ウォーターサーバーの比較はココが大事【宅配水選びの決定版】 ウォーターサーバーの比較はココが大事!
トップページ > ウォーターサーバー購入する方へ > ガロンボトルタイプのウォーターサーバー

ガロンボトルタイプのウォーターサーバー

ガロンボトルタイプのウォーターサーバー

ガロンボトルを使った水の宅配サービスは、空きボトルを業者が回収してボトルを再利用する方式なので、「衝撃に強い」「変形しにくい」という特徴を持つ、ポリカーボネート樹脂でできています。

交換時にボトル内に雑菌が入る危険性が…?

ボトルは再利用なのでゴミは一切出ないので環境に優しく、ゴミを出す手間はかかりませんが、空きボトルの回収日まで保管しなければならないというデメリットがあります。

また最近ではガロンボトルの洗浄・殺菌を行う際に「ビスフェノールA」という有害物質が溶け出している可能性を指摘する声も上がっています。

その他に、ボトル交換時にボトルの口から雑菌が入るのではないかとの心配の声もあります。

放射性物質の検査を専門機関で行なっている

しかし、最近多くの方々が心配されている「有害物質」などの検査を済ませて、不純物が一切混じっていないRO水を使用しているので、料理に使用したり赤ちゃんのミルク作りには最適と人気が高いタイプです。

ガロンボトル使用のウォーターサーバー

ガロンボトルを使用している商品は、アルピナやハワイウォーターなどがあります。

配送日が決まっていないアクアクララは、電話で注文してからの配達になるので、ガロンタイプのデメリットである空きボトルの保管も解消!

ガロンタイプのウォーターサーバー人気BEST3

オススメ!
水代1,260円(12L) サーバー代1,050円~

不純物一切なしのピュアウォーター!アクアアドバンスはダブル省エネモードで電気代が通常の3分の1の約350円に!放射性物質検査も専門機関に依頼しているので、赤ちゃんでも安心して飲むことができるのが人気の秘密です!

水代(1本11Lあたり)1,342円~ サーバー代無料

ガロンボトル式の天然水と、比較的少ないタイプのウォーターサーバー。お水が安い!

水代1,050円(12L)~ サーバー代572円~872円

水の代金はRO水中では業界最安値!ランニングコストは文句なしのピュアウォーターです。


ガロンボトルタイプ人気No.1はアクアクララ!

知名度の高さと種類の豊富さで人気!

ガロンボトルタイプではアクアクララが口コミ人気ナンバーワンに選ばれている理由は、何と言っても選べる種類が豊富なこと。

お水は独自開発のミネラル添加ありのRO水で、8Lのスリムタイプと12Lのレギュラータイプがあります。

ウォーターサーバーといえばアクアクララを思い出す人も多いくらい、知名度はかなり高い宅配水ですね。

2位のアクアセレクトは総合ランキングでは上位、天然水でガロンボトルなのは珍しいタイプですが、アクアセレクトを選ぶならフレシャスを選ぶご家庭の方が多いのが現状です。

1位に選ばれたアクアクララは、放射性物質の検査も専門機関で徹底的に調べられクリアしているので、赤ちゃんも安心して飲むことが出来るのも魅力!

アクアクララ公式サイトへ

ウォーターサーバーのボトルの種類で選ぶ

ガロンボトルよりもワンウェイボトルの方がおすすめ?

当サイトの管理人の私の自宅ではもちろんウォーターサーバーを使用中。もともとガロンタイプのものを使っていたのですが、結婚する前はとにかくお水の取り替えが面倒でなりませんでしたね…

だけどお湯も冷水もすぐに使えるし、例えばお味噌汁を作るにも熱湯がすぐに出るとコンロを一つ取られなくていいので、他のお料理を作ることができてすごく助かります。

この便利なところは非常に捨てがたかったのです。ガロンボトルは業者が宅配時に引き取ってくれますし、とってもエコだなと思っています。指定日に玄関に出しておけば引き取ってくださるので、不在でも大丈夫。

ただし…取り替えは女性一人では少し大変。ましてやお年寄りの方が12リットルものボトルを替えるのは、やっぱり負担だろうなと今でも思っています。

なので私は断然ワンウェイ式のサーバーをおすすめしてます!

ウォーターサーバー人気10社の辛口採点表

 

ランキングでチェック!人気ウォーターサーバー

Popularity人気の記事

基礎知識
ウォーターサーバーの温水でカップラーメンは作れるの!?
3289views
基礎知識
ウォーターサーバー解約!余った水はどうする?
1656views
基礎知識
ウォーターサーバーに水道水を入れるとどうなるの?
1445views
ウォーターサーバー一覧
コスモウォーター 口コミ(34件)
1306views
特集
一目でわかる比較一覧表
1238views
ページのトップへ